絶対に旨い!十勝に来たら必ず行きたい蕎麦屋「蕎麦の里 びばいろ」

麺類編

どんな季節でもざる蕎麦を食べるのが僕のジャスティス、ゆーぞーです。

 

世間一般の常識的に見れば、

年越し蕎麦を食べ終えると、次に蕎麦を食べる機会は

春か夏という、比較的暖かくなってからだと思います。

 

実際、僕が高校時代にバイトをしていたお蕎麦屋さんでも、

夏が一年を通して最高に忙しかったと記憶しています。

 

いやしかし!

そんな常識に囚われてはいけません!

寒かろうが暑かろうが、

旨い蕎麦をいつでも食べたいと思ってほしい!

 

という訳で、今回は僕の地元、十勝にある

最高に美味しい蕎麦屋さんのご紹介をしたいと思います。

十勝で1番旨い蕎麦屋!?「蕎麦の里 びばいろ」

まさに秘境!畑のど真ん中に建つ一軒家風な店舗

まず初めに、こちらのお店をご紹介するにあたって

お話しなければいけない事があります。

 

それは…

こちらのお店…

 

超ド田舎にあります。

 

一昔前までは看板も小さく、道もよくわからない状態でした。

遠目からは、広大な畑の中にポツンと佇む

一軒家にしか見えません。

 

もうたどり着くだけで一苦労です。

今はカーナビやGoogle Mapがあるので、

初見の方でも、比較的簡単に行くことが出来ます。

Thank you Google!

 

ちなみに、アクセスの方法は車しかありません。

バスもありませんので、遠方から来られる方は、

最寄り(約7km)の芽室駅から

タクシーで行くことをおすすめします。

 

Google Map様から見たお店がこちらです。

はい。周囲に建物が全くありません。

四角く囲われている部分は全て畑ですので、

点々と農家のお家があるくらいです。

 

ナビの設定通りに車を走らせても、

だんだんと不安になってくる道ですが、大丈夫です。

信じて突き進みましょう。

 

周囲の風景が、ザ・十勝!と言えるくらい綺麗ですので、

田舎の自然景色を楽しみながら行くといいかもしれません。

 

店舗周辺の景色はこんな感じです。

 

半端ないこだわりの蕎麦

「びばいろ」さんは、ひたすらに十勝産のそば粉を

愛しており、絶対に十勝管内のそば粉以外は

使わないというこだわりっぷりです。

 

その時期の一番いいそば粉を取り寄せて使用しているようで、

玄関に産地が張り出されており、行く度に産地の違う蕎麦を

楽しむことができるようになっています。

 

店で使用する蕎麦は、

店主自ら「磨き・粒揃え・磨き」を行い、

その日使う分のそば粉を自家製粉しているという

徹底的なこだわりっぷり。

どれだけの手間をかけているのか、

聞いているこっちが若干引くほどです。(おい)

 

更に、こちらのお店の蕎麦は、全てのメニューで

せいろ(細い)と田舎(太い)の2種類が選べるようになっています。

せいろの方は数%のつなぎを使用しており、

田舎の方は十割蕎麦です。

 

「せいろ」細い蕎麦
細麺ながら確かなコシがあり、のどごしも爽やかで香りもよく、どんな方でも間違いなく美味しく頂ける蕎麦になっています。美味しすぎてあっという間になくなってしまうので、蕎麦好きな方は大盛りで注文することを強くおすすめします。

 

「田舎」太い蕎麦
太麺ではありますが、ザ・田舎!というようなごん太蕎麦ではなく、せいろよりも若干太めかな?程度の太さとなっていますので、田舎蕎麦が苦手な方でも心配無用です。せいろよりも香りが強く、甘みも感じやすいのが特徴で、十割蕎麦ということもあり、コシはせいろに一歩劣るかもしれませんが、蕎麦本来の旨味が存分に感じられる逸品になっています。

 

どちらの蕎麦も甲乙つけがたい程旨いので、

いつも行く度に迷ってしまいます。

お店的に人気なのは「せいろ」らしく、

遅い時間に行くと売り切れている事が

多いのでご注意ください。

 

店主の半端ないこだわりについて詳細はこちらです。

「蕎麦の里 びばいろ」

「蕎麦の里 びばいろ」自慢のメニュー

こちらがびばいろさん自慢のメニューとなります。

時折変更になりますが、基本的にグランドメニューは

変わらないと思われます。

 

そしてこちらが絶品の蕎麦です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像はせいろのざる蕎麦になります。

もう見た目からして美しいですよね!

見るだけで美味しい!目が幸せ!

そんな感想を抱いてしまうほど神々しい輝きを放っています。

 

ツユは濃い目に仕上がっていますので、

たっぷりつけるのではなく、少し浸して食べる位が

ちょうど良いかもしれません。

 

付け合せの小鉢は、季節によって変わります。

全て自家製のものとなっていますので、

行く度に何が出てくるのかわからない所も

面白いですよね。ちなみに全て美味しいです。

 

「田舎」の蕎麦も画像つきでご紹介したいところですが…

いつも「せいろ」を頼んでしまうため、

手元に写真がありません…申し訳ないです…

「せいろ」よりも少しだけ太く、色が濃いものを

想像して頂ければ間違いありません。

 

サイドメニューには、蕎麦を使ったデザートもあり、

これもまた美味しいです。時期によって内容が変わるため

実際に来店して確かめて頂ければと思います。

 

ちなみに、絶対固定で変更しない「そば飯おにぎり」

超うまいので、是非ともご賞味ください。

 

びばいろの蕎麦が自宅で楽しめる!?

「びばいろ」さんはめちゃくちゃ旨い蕎麦を

食べさせてくれる、素敵なお店です。

そんな蕎麦を、自宅で食べることができたら、

 

もう…最高やん?

 

事前に電話で予約すれば、生そばの状態で買うことが出来ます。

美味しく茹でる方法もしっかりと教えてもらえるので、

上手く茹でる自信がない!という方でも大丈夫です。

 

もちろんつゆも付いてきますので、

準備するモノはお好みの薬味だけ!

自宅で思う存分「びばいろ」の味を堪能しちゃてください。

 

ちなみに僕は、年末に年越し蕎麦を注文し、

幸せな大晦日をすごしました。(恍惚)

生蕎麦の状態はもちろんですが、

引き立ての蕎麦粉の状態でも販売をしているようです。

 

自分で蕎麦を打ってみたい!という方は、

是非とも店長こだわりの十勝産蕎麦粉を使って、

美味しい蕎麦を作ってみてください。

 

最後に

北海道は蕎麦の名産地として名高く、

美味しい蕎麦屋が、到るところにあります。

 

僕はその全ての蕎麦を食べたわけではありません。

しかし、ここ「蕎麦の里 びばいろ」さんの蕎麦は

僕が今まで食べた蕎麦の中でも、間違いなく1番美味しいと思います。

もうマイフェイバリット蕎麦と言えるでしょう。(キリッ)

 

ぜひ!十勝産の絶品蕎麦を堪能してみてください!

 

 

↓ざる蕎麦しか食べられない体になるスイッチ


北海道ランキング

コメント