ぺヤング激辛MAXENDがハンパなくヤバイ件

番外編

正妻=やきそば弁当、愛人=ぺヤング、最近は

愛人宅に入り浸り、ゆーぞーです。

 

今回は北海道要素が全くありませんが、

番外編扱いでご容赦下さい。(てへぺろ☆)

 

僕は割りと辛いものが好きで、

カップラーメンやカップやきそばの

辛い味が出ると、いつもチェックしています。

 

そんな時、出会ってしまったヤツがいます。

おそらく僕の人生で1番辛いカップ焼きそばとなるであろう…

ぺヤング激辛MAXENDです。

ぺヤング激辛MAXENDとは

まるか食品から発売されているぺヤングシリーズの1つ。ぺヤング激辛→ぺヤングもっともっと激辛MAXときて、ついにでた最強の激辛ぺヤング。名称にEND(最後)と表記されていることから、これ以上辛いぺヤングは販売されないと考えられている。激辛フリークの間では「コレで最後か」「残念…さらに上を…」との声も聞こえる。

「激辛」と「もっともっと激辛」を経験済みな僕でも、

この究極の激辛ぺヤングを相手にしては、

ちょっと尻込みしてしまいそうです。

 

しかし!そんなヒヨった根性では、

この激辛MAXENDに勝つことができません。

全力でお相手いたしましょう!

 

ぺヤング激辛MAXENDを食す

パッケージをよく見る

まずは対戦相手の情報を得る必要があります。

なにせ、あの諸葛孔明も言っていました。

「敵を知り、己を知れば100戦危うからず」

ヤツの情報を、コレでもかと暴いてやりましょう。

ふむ…ちょっと恐ろしすぎて言葉になりません。

この時点で敗戦濃厚な香りがプンプンしてきます。

むしろもう逃げたい。

成分表を見る限り、命を脅かすようなものは

見当たりません。いたって普通に見えます。

「香辛料」の詳細が知りたいところです。

 

きっちりと作る

さぁいいだけ見まくったので、サクッと作っていきましょう。

中に入っているのはこの2袋のみです。

左のソースがえげつない色をしていますが、

華麗にスルーしていきましょう。

 

いつものぺヤングと同じように

お湯を入れて3分待ちます。

ソースを入れて混ぜます。

色味はそこまで異質な感じはしません。

この時点ではまだ大丈夫です。

 

心を決めて食す

一心不乱にまぜまぜしたのがこちら

ノーマルぺヤングと比べると、

若干赤みがかっている感じがしますね。

香りもなかなか食欲をそそります。

では…実食!いただきます!

 

あ、なんだけっこう、いやかなりおいしry…

 

あ、からっ…!!いや痛っ…?!痛い!!

あーーーーー?!熱!痛!あーーー辛っ!

 

氷!氷だ!いや水?!ダメダメダメこれダメ!

あかーーーーーーん!!!(昇天)

 

ぺヤング激辛MAXENDを食した…

ハッキリと言いましょう。

本物の激辛フリークさん以外には

絶対におススメしません。

 

僕はコイツを食べた後、

胃の痛み・お尻の痛みに悩まされました。

 

一口目はほんのりとした甘さを

感じられるのですが、

二口目からが凄いです。

いきなりのフルスロットル。

 

シューマッハも裸足で逃げ出すスピード

辛さが脳まで疾走します。

 

そして延々と続く痛み。

痛い、ただ痛いです。

腫れ上がった唇は、

アナゴさんもビックリな様相を呈しています。

 

蒙古タンメン仲本の北極ラーメン(カップメン)を

普通に食べられる僕ですが、コイツは次元が違いました。

おそらくこの辛味は唐辛子ではないですね。

「唐辛子を超えた何か」だと思います。

 

もう一度言います。

正直おススメできません。

(まるか食品さんごめんなさい)

 

それでも食べてみたいという強者には

この言葉を送ります。

 

「逝ってこい!!」

 

↓生きて戻った強者は生存報告


北海道ランキング

コメント