どさんこが冬におすすめする鍋料理3選

海産物編

北海道の鍋スタイルはTシャツにジャージ、ゆーぞーです。

 

冬の食卓を彩ってくれる料理といえば…

やはり定番の「鍋」ですよね。

 

北海道は冬の期間が長いので、

自然と鍋が食卓に上がる期間も長くなります。

 

そこで問題になってくるのが

「なに鍋にするか」これです。

生粋のどさんこがおすすめする鍋料理3選

いつもいつも同じ味、同じ材料では飽きてしまうし…

かと言って変わり種はなんだか腰が引けちゃう…

なんてこともあると思います。

 

よしきた、それならこの食の宝庫「北海道」

豊富な食材にモノを言わせた鍋を作っちゃいましょう!!

 

1、石狩鍋

まずは北海道の定番中の定番鍋!石狩鍋です!

どさんこはこれを食べないと冬が越せません。(超嘘)

各家庭やお店で作り方が違いますが、

とりあえず鮭はぶち込みます。

【崇めよ】神の魚「鮭」【人類】後はお好みの具材を、昆布で出汁を取った

味噌ベースの汁に入れて煮込むだけ!

具材の例としては、キャベツ、玉ねぎ、人参、じゃがいも、ホタテ、しめじ、大根、長ネギ、しょうが、コーンあたりがオススメです。

野菜の甘味と鮭の出汁とが合わさって、なまら美味しいです

お好みでバターを入れてもいいですよ。

2、カジカ鍋

北海道で割りとポピュラーな鍋がこちらのカジカ鍋
道外の方はあまり聞かないと思いますが、

カジカ(トゲカジカ)という結構グロい魚を使った鍋です。

これがめっちゃ旨いんです。

こいつは、あまりの旨さに箸を止めることを忘れ、鍋底まで突付いて破壊してしまうことから、「鍋壊し」の異名を付けられた、いわば鍋界の中二病患者です。

カジカはグロい見た目に反して、とても美味しい魚です。

身は柔らかくふっくらしていて、

コラーゲンもたっぷりの女性の味方です。

皮や内臓も美味しく頂けるので、

鮭同様捨てるところが無い、

とってもありがたいやつです。グロいけど。

 

昆布出汁に塩を入れたスタンダードな塩ベーススープに、

このグロいカジカを中心に、白菜や長ネギ、豆腐等

塩鍋に合いそうな具をたっぷり入れて完成です。

シメはもちろんうどんで決まりですね。

鍋以外にも、グロいくせに唐揚げや煮付け等

ほかにもオススメの食べ方があるので、

気になる方は「カジカ 料理」でググって見て下さい。グロいです。

3、牡蠣鍋

やっぱりきちゃった。こちら牡蠣のチゲ鍋です。

北海道の牡蠣をこれでもかとぶち込みます。

 

これだけでかなり濃厚な出汁が出ますので、

そこに桃屋のキムチの素で簡単に作るか、

コチュジャンや豆板醤を使った本格的に作るか、

そこはお好みでお選び下さい。

 

後は好きな野菜と一緒にパクッと逝っちゃって下さい。

定番の具材はあらかた合いますので、

特に考え込む必要はありません。

 

チゲのピリ辛感と牡蠣のクリーミーな味わいがマッチしてもう

☆最&高☆

汗をカキながら牡蠣をかきこんじゃって下さい。(上手い)

 

そしてシメはやっぱり雑炊でしょう。

牡蠣と野菜の旨味がたっぷり凝縮したスープに

ご飯を入れ、黄金のたまごで包めば…

もう言葉はいりません。

 

「美味しいは正義」

 

今回はチゲ風で紹介してますが、

醤油ベースや塩ベースの牡蠣鍋もまた美味しいですよ!

まだまだあるぞ!うまい鍋!

冬の食卓の強い味方「鍋」

今回は北海道で食べられている3つの鍋を

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

基本的にメインの食材と、ベースのスープを

変えるだけで、千変万化するのが鍋です。

あとは、合いそうな野菜達を選んであげれば、

あっというまに激ウマ鍋が完成しちゃいます。

 

この食の宝庫北海道では、メイン食材が

たくさんあるので、その数だけ

おいしい鍋料理が増えちゃうんですね。

まいっちゃうなぁ~もう(ドヤ顔)

 

実はご紹介したい鍋はこれだけではありません。

というワケで、パート2に続きます!

 

まだまだ北海道の鍋、お見舞いするぞぉ?(大泉さん風)

 

コメント

  1. […] どさんこが冬におすすめする鍋料理3選 […]