生粋のどさんこが北海道のご当地鍋を紹介するべさ

お肉編

寒い季節は、ストーブガンガンの部屋でビールが最高、ゆーぞーです。

 

一足先に冬の気配が漂い始めている北海道。

人肌が恋しくなると、こいつも恋しくなってきます。

そう、鍋です。(照れ)

どさんこが冬におすすめする鍋料理3選

簡単に作れて、暖かくなれる、そして旨い。

素晴らしい三拍子がそろった素敵な料理。

簡単に作れるからこそ、バリエーションも豊かです。

 

ならば!北海道のご当地鍋を紹介しないワケにはいきません!

というワケで今回はどさんこがおすすめする

北海道のご当地鍋をこっそりお教えします。

どさんこおすすめの北海道ご当地鍋3選

がんがん鍋

はいこちらが北海道赤平町のご当地グルメ!がんがん鍋です!

がんがん鍋とは…
その昔赤平の炭鉱夫達が、ガンガンに焚いたストーブの上で鍋をガンガン煮込み、ガンガン食べて、ガンガン飲んでガンガン語り、ガンガン働いた…ということから「がんがん鍋」という名がついた。

もうガンガン言いすぎてゲシュタルト崩壊しそう…

がんが…もういいですね。

 

がんがん鍋は味噌ベースの汁にお好み野菜と

モツを入れて炊いた鍋で、要はモツ鍋です。

じっくりと煮込んだモツはホロホロと柔らかく、

野菜のやさしい甘みと味噌の香り、モツの出汁が絡まりあってとにかく美味

やっぱり味噌とモツは超合いますよね。ビールが進む逸品です。

〆はうどんで決まりかな?

 

カニ鍋

北海道の4番バッター、オホーツク産蟹を使ったカニ鍋です。

これが旨くない訳がない!最高に上品な甘さが炸裂する、鳥肌モノの逸品です!

 

汁のベースは昆布と塩のみ、野菜も癖が少ないものを選び、

カニの風味を存分に活かしましょう。

 

僕のオススメはズワイガニのカニ鍋です。

毛ガニでは少々食べごたえに欠けるし、

タラバだと豪快ではありますが、

ちょっと大味になってしまい、ダシ感が今一歩…

となればズワイ一択でしょう。

足は細身でありながら確かな大きさがあり、

身はしっかりしているように見えて、

口に入れるとホロホロとほぐれていく…

あぁ~…ここはもう涅槃?

最後はかに雑炊にして、もう昇天です。

地鶏鍋

ただの水炊きではありません。地鶏鍋です。

北海道の地鶏とは…
日本食鳥協会に登録されている北海道の地鶏は【中札内田舎どり、中札内産雪どり、新得地鶏、桜姫、知床どり】の5種である。

一般的な鶏肉でも美味しい、とてもポピュラーな鍋ですが、

これが地鶏に変わると、まぁ旨い

 

地鶏は割りと身が硬めで、しっかりとした噛み心地が特徴です。

噛めば噛むほど旨味が出てくるとも言われるほど。ことはつまり…出汁が旨いんです。

地鶏を使うと、やっぱり一般的な鳥とは違い、濃い旨味出汁がでますね。

コイツのシメには、ラーメンがオススメ。上品な鶏塩ラーメンになりますよ!

 

最後に

いかがでしたでしょうか。北海道の食材を存分に使った鍋をご紹介出来たと思います。

しかし、まだまだ僕も知らないうまい鍋があるはず!

なにせ鍋のバリエーションは無限大です。

 

美味しい素材があれば、それだけで美味しい鍋ができてしまいますからね!

 

日々コレ精進!まだ見ぬ旨いを探して行きたいと思います。

 

コメント