どさんこが富良野スキー場をおすすめする4つの理由

道北編

ウィンタースポーツの中で、唯一苦手なのがスケート、ゆーぞーです。

 

もうすぐ本格的な冬を迎える北海道。厳しい季節が到来します。

しかし、そんな苦しい季節を逆手にとって、

いっそ楽しんじゃおうぜ!っていう精神になるのがどさんこです。

じゃあ何で楽しむのかというと、そこはもちろん

ウィンタースポーツです!

というわけで、今回は北海道の有名なスキー場をご紹介したいと思います。

 

北海道でおすすめのスキー場は?

北海道の有名なスキー場ってどこ?と思ったそこのあなた。

ぶっちゃけると「北海道」がスキー場です。

 

冬に北海道に来たら、全道どこでもスキー・スノーボードが楽しめます。

ど田舎にだってスキー場があったりしますからね!

そんな数あるスキー場の中で、今回紹介するのは、

「富良野スキー場」です!

北海道のど真ん中!富良野スキー場!

富良野スキー場はドラマ「北の国から」で

有名な、通称「へその街」富良野町にあります。

 

なぜ「へその街」と言われているかというと、

コチラを見ていただければ一目瞭然です。

ほぼ北海道のど真ん中にあるのがわかると思います。

そう、富良野町は北海道のへそということです。(どーん)

 

周りを山々に囲まれており、景観が良く、雪質もいい

そして五郎さんもいる(嘘)という、

なんとも申し分ない絶好の場所なのです。

 

富良野スキー場のココがヤバイ!

大満足間違い無しの広さと長さ

そんな富良野町にあるスキー場…はっきり言ってヤバイです。

何がやばいって、頂上から下まで約4kmあります。(驚愕)

 

僕は何度も行っていますが、スキーで頂上から滑るだけでも

太ももパンパンになる位長いです。

直滑降ノンストップで滑ろうものなら、

間違いなく太ももは逝きます。

 

スノーボードであれば、初心者で30分、

そこそこイケる人でも20分位は

かかってしまうという脅威のスキー場なのです。

 

また大変な事に、そんなコースが2つもあるんです。(愕然)

 

初心者から上級者まで楽しめる多彩なコース

こちらが富良野スキー場のコースマップです。

新富良野プリンスホテルを起点とした「富良野ZONE」
こちらは頂上までゴンドラではなく、101人乗りのロープウェーを使用しているため、若干回転率が悪い。しかし、それを補って余りある定員数なので、あまり気にならない。ちなみにほぼ座れないので、立ち乗りで頂上まで行く覚悟が必要である。コースは全体的にみて中級から上級者向け。ビギナーが一本でも道を間違えた瞬間地獄をみられる素敵なゾーン。
富良野プリンスホテルを起点とした「北の峰ZONE」
こちらはオーソドックスなゴンドラで頂上まで向かうスタイル。回転率が高く、ほぼ待ち時間無しで乗ることができる。コースは初心者から中級者向けで、ゆっくり滑れば誰でも生還することができるのが特徴。中腹から下はなだらかな傾斜が多く、上級者には若干物足りないかもしれない。コース幅が広い為、ボーダーにも人気がある。混雑時も余裕を持って滑れる安心ゾーン。

上記2つをメインとし、いろいろと派生したコースを合わせて

24コースが富良野スキー場の全容となっています。

 

ハードなコースがお好みなら富良野ゾーン、イージーなコースでまったりがいいのなら北の峰ゾーンがおすすめです。

 

ここまで読んで頂いた方にはわかると思いますが、
コース選びは慎重に行わねばなりません。
2つの山を股にかけている為、富良野ロープウェーから頂上に行き、
間違って北の峰側のコースに入ってしまうと、
ゴールは富良野プリンスホテル側ということになります。
もし新富良野側に車を止めていた場合は…
めちゃくちゃ遠くに着いちゃった…テヘペロ☆(戻る為の距離、2,5km)
なんて事になってしまいますのでご注意下さい!

 

道内でも上位の雪質

そしてやはり気になるのが雪質です。

豪雪地帯ではないので、積雪量はそこまで多くはありません。

しかし、気温が低いため、道内屈指の良質なパウダースノーが体感できます。

 

コースによっては、あえて圧雪せず、フッカフカの状態を

キープしているところもあるので、パウダースノー好きにはたまりません。

いくら転んでも痛くないのがいいですね。雪にまみれるだけですみます。

雪質のコンディションが安定しているのも魅力的ですよ。

 

近隣の宿泊施設も充実

富良野プリンスホテル、新富良野プリンスホテルはもちろんですが、

スキー場の近くには、お手頃価格のホテルや民宿・ペンションが豊富にあります。

 

コンビニや飲食店もありますし、市街地までタクシーで2千円から3千円ほどで

行けるので、ゲレンデで楽しんだ後は夜の富良野の町を楽しむこともできます。

 

最後に

富良野スキー場は初心者から上級者まで、

どなたでも満足できるスキー場になっています。

1度のリフトで長く楽しめるので、

スキー・スノーボード大好き人間にはパラダイスです。

ウィンタースポーツが好きな方は是非一度、

このめちゃくちゃ長いコースでヒーヒー言いに来て下さい!

 

PS.スキー場のお食事は…正直普通です…

スキー場名

富良野スキー場
住所 〒076ー8511 北海道富良野市中御料
TEL 0167-22-1111
FAX 0167-22-2113
営業時間

日中8:30~16:00

ナイター16:30~19:30

駐車場 約2000台
設備 ロッカー、更衣室、売店、レストラン、レンタルショップ、無料休憩所、託児室、救護室、トイレ、チケットセンター
リフト券

1日券   大人  5,200円

      シニア 4,600円

3時間券  大人  4,200円

      シニア 3,600円

5時間券  大人  5,000円

      シニア 4,400円

ナイター券 大人  2,000円

      シニア 1,800円

シーズン券 大人  64,000円

      高校生 49,000円

      中学生 40,000円

      シニア 42,000円

アクティビティ

ふらの歓寒村

わくわくファミリースノーランド

スノースクート

オープン予定日 2018年 11月24日 

富良野スキー場公式ホームページはこちら

コメント