新たな北海道ご当地食品!? 鹿肉ジンギスカン!

お肉編

焼き肉天国北海道の申し子、ゆーぞーです。

 

前回、北海道の焼き肉観・ジンギス観(?)について書かせていただきました。
なので今回は一歩踏み込み、肉についてです。

 

鹿肉のジンギスカン

突然ですが皆さん、「鹿肉ジンギスカン」ってご存じですか?

 

ジンギスカンと言えば羊肉(ラム)ですよね。当然です。(ドヤ顔)
しかしこの万国共通の常識を覆してしまった方がいるのです!

 

 

「え…でも鹿肉って固いし、臭いもきついんでしょ?」

 

 

絶対なるNO!!!

 

 

それはしっかりとした処理をされていない鹿肉のことです!(憤怒)

 

しっかりと処理された鹿肉は臭みもなく、

赤身が多くありながらしっとりと柔らかい肉質になります。
さらに、栄養もあり(鉄分なんて牛レバー越え)高タンパク低カロリー、
さらにコレステロールも少ないという、

ダイエッターなら垂涎の的の超優良食材なのです!(ドヤ顔)

 

 

現在は「ジビエ料理」が巷を賑わせており、

狩猟で取れたシカ・鴨等の肉は高級食材として扱われていますよね。

 

鹿肉ジンギスカンを扱うお店

そんな鹿肉を、まさかのジンギスカンにしてしまったお店…それが…

「上田精肉店」さんです!!!

←上田精肉店さんのホームページです

 

こちらの「上田精肉店」さんは、北海道十勝にある

新得町という小さな町のお肉屋さんです。

 

なんと50年以上の歴史を誇っており、

「焼き肉やるならココの肉!」と地元の人達から愛される人気店です。
鹿肉を扱い始めたのは平成元年からだそう。

29年も前から鹿肉に着目していたなんて…

先見の明…パネェっす…

 

当時から鹿肉の肉質にはこだわりを持っていたようで、

質の悪い鹿肉は決して仕入れなかったそうです。
そのこだわりは現在も受け継がれており、

たとえ鹿肉の在庫が足りなくても、血抜きが甘い肉や、

仕留める際ひと思いにいかず、猟銃が当たってから

仕留めるまでに時間がかかってしまった鹿は仕入れないそうです。

その侠気…パネェっす…

 

そんなこだわりをもったお店が満を持してオススメしているのが

 

「鹿肉ジンギスカン」なのです!

厳選された鹿肉を特製のジンギスカンダレに漬け込んだ逸品です。
これ本当に美味しいですよ!

鹿肉本来の旨味とタレがまた絶妙です!

是非一度ご賞味下さい!

エゾ鹿肉バラジンギスカン【送料無料】

価格:2,500円
(2017/11/29 16:57時点)
感想(0件)

そしてこちらはもう一つのオススメ
「鹿肉スペアリブ」です!
これもまた旨い!炭火で焼いたスペアリブは食べごたえ抜群!

付属の特製スパイスももちろん美味しいですが、僕はあえて醤油ベースの
甘辛いタレに絡めて食べることをオススメします。(ニヤリ)

 

 

↓矢印君!こっちこっち!ココに重なって、マウスの左側のボタンを押してごらん?

北海道ランキング

コメント