小樽なると屋が帯広に堂々オープン!やっぱり半身揚げは旨いべや

お肉編

1番好きなお肉は鶏肉、ゆーぞーです。

 

北海道には数多の有名な鳥料理があります。

その中でも、道民にとりの半身揚げで有名なお店は?と聞いたとき、

真っ先に名前が上がるお店がこちら

 

「小樽なると屋」さんです!!

 

なんとこちらのお店が、8月23日に

僕の地元である帯広市に出店することになりました。(歓喜)

と、言う訳で今回は「小樽なると屋 帯広白樺通店」さんをご紹介したいと思います。

 

若鶏半身揚げの名店!小樽なると屋

白樺通りに堂々オープン!

帯広の2大ストリートの一角である白樺通りに、

堂々のオープンとなった店舗がこちらです。

ビシッと木目調の外観がいいですね。

高級感が漂っていますが、お値段はリーズナブルなので安心して下さい。

詳細な住所はこちらです。

帯広民の遊び場、ディノスさんのすぐそばにあり、テイクアウトの連絡をしておけば、

遊んだ後にお持ち帰りも楽々です。

駐車場もありますので、車での来店も問題なし。むしろ車じゃないと行き辛いかもしれません。

 

子供連れでも安心の店内

店内は広々としており、清潔感もあって落ち着ける雰囲気です。

カウンター席以外にも小上がり席2つにテーブル席が2つあり、

お一人様でも子供連れでも安心して食事を楽しむことができます。

 

充実のメニュー

小樽なるとさんは若鶏半身揚げだけではありません。

様々なメニューがあり、どれもこれもおいしくて、

何を食べようが迷ってしまう程です。

それではメニュー表を見てみましょう!

 

やはり若鶏半身揚げがナンバーワンですね!

その他にもザンギや手羽先が推しメンにランクインしています。

鶏料理が充実していますが、定食のメニューにはカレーやエビフライ、

アジフライなんかもあり、バラエティに富んでいて、

何度来ても飽きないようになっています。

 

自宅で半身揚げを楽しめる

小樽なると屋さんは、もちろんお持ち帰りにも対応しています。

むしろお持ち帰りをするお客さんの方が多いかも知れません。

 

僕はオープン初日に訪問しましたが、夕飯時なのにあまりお客さんがおらず、

「あれ?なるとさん…人気無さすぎ…!?」(失礼)

と思いましたが、そんなことはございません。

 

厨房ではせわしなくスタッフが調理しており、

お持ち帰りの料理を次から次へと準備していました。

 

僕のお持ち帰り半身揚げを待つ間に、事前に電話注文していた

お客さんがひっきりなしに来店し、揚げたての半身揚げを受け取っていきます。

ヤベー人気でした。

 

さぁ!おうちで半身揚げ!

コチラがお持ち帰りした半身揚げです。

神々しい…

写真から伝わる皮のパリパリ具合、黄金色のそのお姿は、

見ただけでわかるウマさを感じます。

 

一口かじると肉の旨みが一気に口の中に広がり、まさに至福!

皮と身に味付けがしっかりとされているので、ビールがぐいぐい進みます。

もちろんご飯にも合いますので、全方位的に無敵の半身揚げになっています。

 

こちらは手羽先とネックの唐揚げです。

手羽先はジューシーで柔らかく、濃い目の味付けが後を引きます。

ネックはコリコリとした食感で軟骨に近いですが、食べるところが

少ないので、思い切りかぶりついてはいけません。

ちょっとずつ食べ進めましょう。

 

最後に

北海道を代表する若鶏半身揚げのお店。

「小樽なると屋 帯広白樺通点」さんをご紹介させて頂きました。

帯広で伝統の味を楽しめるなんて、最高ですね!

小樽の味を是非とも帯広で堪能してみて下さい(恍惚)

 

「小樽なると屋 帯広白樺通店 公式ホームページ」はコチラ

コメント