北海道で「焼き鳥」頼んだら「豚串」が出てくるってマジ!?

お肉編

モモ肉?胸肉?いや…ササミでしょ!ゆーぞーです。

 

時々すんごく思いませんか?

「焼き鳥食いてぇ…」って。

 

かくいう僕も焼き鳥大好きです。

もう週3で焼き鳥でも全然余裕なくらい好きです。

 

とりせい、砂肝、ハツ、タン、レバー、つくね…

どんな部位でも美味しく頂く自身があります。(恍惚)

というわけで、今回は僕の大好きな北海道の「焼き鳥」をご紹介したいと思います。

 

 

北海道のおすすめ焼き鳥

それでは早速いきましょう!

北海道を代表するめちゃウマな焼き鳥がこちら!

 

「美唄焼き鳥」

 

 

「室蘭やきとり」です!!

この2つの焼き鳥、名前は聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

なんと今は日本7大焼き鳥と言われているようです。

 

ちなみに僕はそんな大層な呼び名が付いているとは知りませんでした。

まぁ選ばれるのは当然ですけどね。(ドヤ顔)

 

まずは「美唄焼き鳥」から行きましょう。

 

 

美唄焼き鳥とは

美唄焼き鳥は文字通り、北海道美唄市の郷土料理です。

 

主に鳥の内臓を玉ねぎで挟んで、串に刺して焼く料理です。

基本的な味付けは塩、胡椒。

むしろタレは邪道。当然ですね。

串の先端はもも肉で、最後は鶏皮というのが

美唄焼き鳥のジャスティスだそうです。

 

値段は1本80円ほどと、かなりリーズナブルな設定になってます。

なので、基本的な注文は皆10本単位です。

 

僕は初めてモツ串をお店に食べに行った時、

皿に山と盛られた串を見て驚愕しました。

 

あっけに取られながらも、この山盛り串をガツガツ食べるのが

 

また(・∀・)イイ!!

絶妙な塩加減と、それに答えるモツ達のコリコリ、

サクサクとした食感がまたウマイ!

 

これいくらでも食えんじゃね?

って思うほど、飽きのこない旨さがあります。

 

そしてシメにかけ蕎麦を注文し、

それにモツ串をぶち込んで食べるのが美唄っ子だそうです。

これがまたイイのよ…

モツの出汁がそばつゆと相まって

もうたまらんですよ。

 

是非美唄市に行った際は、山盛りのモツ串をビールを!

そしてシメのそばをかっこんでください!

 

↓美唄焼き鳥の有名店

元祖美唄やきとり 「福よし」さん
    やきとり 「たつみ」さん

 

 

室蘭焼き鳥とは

お次は「室蘭焼き鳥」です。

室蘭焼き鳥は、室蘭の豚肉と玉ねぎを使った串料理です。

 

こちらはタレ!塩ではありませんタレ!なのです。

 

そして洋辛子に付けて食べるのが室蘭っ子のジャスティス。

価格は100円から、多少お店によって違うみたいですね。

 

そして豚肉なのに「やきとり」と言われています。

やきとりを頼んだら豚肉の串が出てきますので注意して下さい。

まぁ、間違っても旨いからそのまま食べますけどね。(常識)

 

なんでも、戦時中に豚を養殖していた為、食用としての豚肉が

浸透していったようです。(適当)

 

もうね、「焼き鳥」が豚肉で作られてようがなんだろうが、

なんでもいいんですよ。旨ければ。

 

常々言っていますが、

 

「美味しいは正義」です。

 

脂の乗った豚肉に、シャキシャキの玉ねぎ、

そこにちょっと甘めのタレを絡めて香ばしく焼き上げ…

ツンと鼻にくる洋辛子を付けて頬張る…

 

あぁ…至福…

想像しただけでヨダレがでます。

ちなみにレバー系もめちゃくちゃうまいです。気をつけてください。

これはもう室蘭行くしかねーべ。

 

 

室蘭やきとりの有名店→「鳥辰 本店」さん
           「焼き鳥 吉田屋」さん 

 

 

最後に

上記のお店は、ほんの一部でしかありません!

まだまだ沢山の美味しいお店がありますので、ここだ!というお店を

知っている方は、是非コメントなんかして頂ければ嬉しいです!

それでは皆さん、良い焼き鳥ライフを!

 

↓おっそこのキミ、クリックしてく?

北海道ランキング

コメント