ザンギとからあげが違うってマジ!?

お肉編

北海道って実はあんまり訛ってない。ゆーぞーです。

 

北海道に、旨い料理は数あれど…これはやっぱり外せません。

 

そう、「ザンギ」です!

 

北海道のソウルフード「ザンギ」

どさんこのソウルフードと言っても過言ではないこのザンギですが、
実はこれ、ちょっと前まで北海道だけで通じる

ご当地料理の名前だったんです。(驚愕)

 

内地(道外の呼び方)では「鳥の唐揚げ」です。

北海道でもそう呼びます。

 

どちらも鶏肉を揚げた料理ですよね。

では「ザンギ」とはどんな料理なのか?定義って何だ?

今回はそこんトコの紹介をしていきたいと思います。

 

「ザンギ」と「唐揚げ」って違うの?

さて、「ザンギ」と「唐揚げ」の違いは諸説あれど…
僕の中での違いを発表します。

 

それはズバリ!

「ザンギ」とは…肉と厚めの衣に味を付けて揚げた鶏肉料理。
「鳥の唐揚げ」とは…主に薄めの衣に味を付けて揚げた鶏肉料理。

である!(ババン!)

 

これは100%僕の私見であり、何かしらの由来なんぞ皆無な情報です。
が、僕は概ねこれで合っているような気がします。

(それは違うぞ!という方はコメントで指摘してください汗)

 

なぜなら「ザンギ」は大抵、

衣をやや厚めに揚げてあるモノが多いような気がするからです。(適当)

根拠は超有名なローソンの商品「からあげクン」です。

 

アレ…衣薄めですよね?

こんな全国的な規模で「唐揚げはこうだっ!」と明言しているのですから、
衣が薄いのが「唐揚げ」ということはもう明白です。

 

故に!僕の説は信憑性があると言わざるを得ません。(ドヤ顔)

 

 

いや…でもちょっと待てよ…他にも「ザンギ」って名の付く料理があるな…

 

「タコのザンギ」…「鮭のザンギ」…

 

アレ…?もしかして「ザンギ」って「唐揚げ」の北海道弁なんじゃ…?

 

 

はい!というわけで!(?)
ここから北海道一押しの「ザンギ」が食べられるお店を紹介します!

 

ザンギ発祥の店「鳥松」さん。

ザンギ発祥の地は釧路だと言われているそうです。
その中にあってザンギ発祥の店と名高いお店がこちらです。

こちらのお店は揚げ鶏の専門店で、様々な揚げ鶏料理を提供しています。
中でもイチオシはやはり「ザンギ」

しかしこの「鳥松」さんの「ザンギ」は、

北海道で広く知られている「ザンギ」と違って、

骨付きなんです!(ドドン!)

 

こちらで「ザンギ」と注文したらこれが来ます。

ぜってぇなまら旨いべ…

 

これはもう反則的なビジュアルですね。見るだけで旨いのが分かります。
さらに、こちらの「ザンギ」はタレに付けて食べます。
一般的な「ザンギ」とはちょっと違っていますね。

 

これがまた最高にうまいんです!

もちろん骨のない「ザンギ」もありますので、

そちらもオススメです!

 

もう細かいことはどっかにやって、純粋に美味しい料理を楽しみましょう!

 

是非「ザンギ」を生み出したお店、「鳥松」さんに
最高に旨い「骨付きザンギ」を食べに行きましょう!

 

「美味しいは正義」

 

↓本気でしたクリックは、意味がある

北海道ランキング

 

コメント