北海道には古くから崇められている「神の魚」がいるらしい!?

海産物編

どさんこに生まれてよかったー!ゆーぞーです。

ついにこの時が来てしまいました…

そう、今回取り上げるのは、北海道を代表する魚。

「鮭」です!!

 

神の魚「鮭」

アキアジ、サケ、シャケ、アキサケ等々呼び名は色々ありますが、

要は「鮭」です。呼び方なんぞどうだっていいのです。

 

旨ければそれでいいのです!

 

「美味しいは正義」

 

これが全てです!

 

アイヌの方々の食生活を支え続けた魚であり、

「カムイチェプ」(神の魚)

 

といって重宝された魚と言われています。

鮭にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの、

コレステロールの上昇を抑える不飽和脂肪酸や、

ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミンを多く含んでいるそうです。

 

また、鮭は良質なたんぱく質を取ることができる栄養価の高い食べ物です。

鮭やべーっす。

 

しかし、鮭の凄さはここからです。

鮭の身が赤い理由になっている物質、

 

「アスタキサンチン」がヤバすぎます。

鮭はこの物質を目一杯含んでいます。

 

まず、アスタキサンチンが

 

史上最強の抗酸化物質

 

と呼ばれている時点でハンパない臭がプンプンです。

その抗酸化作用はビタミンCの3000倍

ビタミンEの1000倍とも言われています。

もう鮭さえ食ってれば健康面も美容面もオールカバーしてくれそうな勢いがあります。

 

鮭「さぁ…人類よ…我を崇めよ…」

 

いやーもう崇めてもいいですよね。マジリスペクト。

我々どさんこはそんな神の魚を美味しく頂くために、

様々な料理を創作してきました。

捨てる所が無いと言われた魚「鮭」。

どんな美味しい料理になったのか。

それではご紹介していきましょう。

 

おすすめの鮭料理3選

1、ちゃんちゃん焼き

どさんこだったらもうコイツ抜きでは鮭を語れません。

 

豪快に鮭の半身をドーン!

たっぷりの野菜をばっさー!

甘じょっぱくした味噌をぬりー!

最後にバターをゴローン!

ホイルをかぶせてジュワー!

 

これで完成です。

 

なまら旨いです。(真顔)

 

野菜の甘味と味噌が鮭のふっくらジューシーな身と合わさって、

得も言えぬ旨味があなたを襲います。

 

 

2、鮭のルイベ

「鮭のルイベ」とは半分凍った状態の刺し身の事です。

口に入れた瞬間は冷えっ冷えですが、口の中で溶けていき、

トロッとした食感に変わります。

 

この独特な食感と、鮭の甘い脂が合わさって、

なんでしょう…強いて言えば上質なレバーのような

食感が楽しめます。

 

歯がしみる方はちょっと注意して食べて下さい。

 

 

3、鮭とば

これはどうやら東北から北海道地方がメインで、

他の地域ではあまり見られないようですね。

鮭の半身を皮ごと縦に細く切り、海水で洗って干したものです。

噛めば噛むほど鮭の旨みが溢れてきます。

 

これが酒に合うんです!

 

僕の中の珍味ランキングぶっちぎり1位です。

塩気がきいた硬めのものから、胡椒をふったもの、

少し甘めのタレで味付けしたソフトなものと

多種多様な鮭とばがあります。僕は柔らかめのが好きですね。

 

まだまだあるぞ!鮭の魅力!

さて!僕の好きな食べ方ベスト3を紹介させて頂きましたが、

いかがでしたでしょうか。

神の魚にはまだまだ美味しい食べ方が沢山あるのですが、今回はここまで!

皆さん、北海道の鮭は、

 

 

なまらうめぇぞ!食べてみれやー!

 

 

↓弾幕うすいぞーっ!なにやってんのーー!!


北海道ランキング

 

コメント

  1. […] 【崇めよ】神の魚「鮭」【人類】後はお好みの具材を、昆布で出汁を取った […]